DMについてご意見ください。

第10回会議でDMについて話をしました。
VI担当の三宅からここのみんなにその説明をします。

今、進行係で話し合い中の最中です。
が、長く関わってきていると、初めての人が見た時の気持ちが
冷静に見えなくなっているかも…と不安です。
なので、出品者として望む形を率直に意見してもらえれば嬉しいです。

時間がない人もいるかもしれないけど、
目を通したら、なにか、本当に何でもいいのでコメントもらえたら
これから作りやすくって助かりまーす!
ちょっと長いけど宜しく。

★ちなみに今回のDMの形態はポストカードです。



【DMのキーワード】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  
 もらった人が「自分に来た」という印象を持ち、なつかしくて
 嬉しくなる『手紙のようなDM』というのをキーワードに

 ・手描き感があるもの
 ・コンテンツ(おまけ)が多いもの
 ・受け手にワンアクション(ひらく、描く)があるもの
 
 などの要素が出され、
 そこから『手紙っぽさ』の出し方について、は
  
  『手紙のような』=『手描き感、ひと手間加える』として考える。
   送る人が実際にひと手間(落書きみたいなの)を加えてから送る
 
 という方向が決定。


【具体的なグラフィックの案】ーーーーーーーーーーーーーーーー
 ラフスケッチで見にくいので、文字などは後で説明します。
a0070397_10565345.jpg
(右側にある2つのスケッチ、右が①、左が②)

  ①落書きしてから送るDM

  写真や、すごくシンプルなグラフィックが印刷されたものに対して、
  出品者がそれぞれ、本能的な落書きをしてから送るDM

  受け取った側は「誰か」が「自分」に対して
  送ってくれたという印象→+α落書きのおもしろさがあるDM
  写真としては、始まりを感じる「夜明け」とか
  工芸のあの頃を思い出させる「集合写真」などを検討中。
  
   
  ②点と点の間を線を書きたしてから送る、もしくは届いてからしてもらうDM
  
  画面にある始まりと終わりの2つの点に対して、
  送り手か受け手が、本能的にその真ん中の空間に何かを
  描きたくなるように誘導するDM。

  点と点を繋ぐという、私たちの制作の根本のような行為を通して
  本能というものを伝え、感じてもらう。  
 
 
  現在、この2案で審議中。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 それぞれのメリット/デメリットについては
  
   ■写真に落書き案について

   勢いがあって面白そうなアイディア。
   でも ただの「落書きあそび」に見られないための写真選びや落書きが重要。
   どういうモチーフを使ったら今回の展覧会なりDMなりの趣旨を
   見る人に正しく伝え、来たいと思ってもらえるかはよく考えなくちゃ。


   ■点と点の間に落書き案について
   
   コンセプトにはずれてなさそう。シンプルなのもいい。
   ただコンセプチュアルすぎるかも。難しく固いイメージがある。
   楽しくおもしろくばからしく、みたいな感じが少ない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  どっちにしても、まだまだ改良点がありそうで悩んでいますが、
  入稿の時期も迫っており、出品者のみんなの意見を参考にして
  いい物を作りたいと思っているので、どうかよろしくお願いしまーす。
[PR]
by MVP_2006 | 2006-07-28 10:49 | 会議報告
<< 参加概要 出品内容発表ーーーーー >>